アルマ望遠鏡

3月19日に参加した「自然科学カフェ」さん

素粒子の世界がどこまで解明されていて、

どのような謎が残されているかについて解説していただいたミクロ側のお話でした。

何年か前に購入したニュートンの別冊のページが

脳裏に浮かんできて^^; 

どこにしまい込んだか探しているのですが。。

今年のはじめの引っ越しでどこかの箱のなからしく

探しているとろです。


次回の4月16日(土)の「自然科学カフェ」さんは、

マクロ側です♪

テーマ:アルマ望遠鏡で探る暗黒の宇宙

話し手:平松 正顕(ひらまつ まさあき)氏

自然科学研究機構 国立天文台 チリ観測所助教 博士(理学)


次回は、中学の娘と二人で参加します〜^^♪



0コメント

  • 1000 / 1000